iPhoneが水没したらまずはやること

応急処置の方法と手順

iPhoneを誤って水没させてしまった時は、応急処置のやり方次第で復活させられるかどうかが決まります。まず第一にやる事は電源を切る事です。電源が入った状態では水によるショートを起こします。一度ショートしてしまうとデータが消えてしまったり、最悪の場合には電源が付かなくなってしまう事があります。また、アクセサリーやカバーなどを付けている場合には外します。カバーに染みた水を内部まで入り込ませてしまわない様にする為です。アクセサリー類を外したら、コネクタやイヤホンジャックの中までタオルやティシュなどで丁寧に拭き取る事がポイントです。そしてSIMカードを忘れずに抜き取り、故障しないように擦らずに優しく叩いて拭きます。

iPhoneの内部を乾かす

丁寧に水分を拭き取っても内部が濡れていると電源を入れた時に故障してしまいますので、十分に乾かす事が必要です。乾燥剤を入れた容器や密封が出来る袋にiPhoneを入れて完全に乾燥させます。乾燥剤が手に入りにくい場合は家庭にあるお米で代用できます。水分を吸うお米の性質を利用した手軽に出来る方法です。水に浸かった度合いにもよりますが、最低でも1日以上はそのまま置いて乾かした方が良いでしょう。水没させてしまったのが出先であった場合には、共同トイレのハンドドライヤーで乾かす方法もあります。家庭用の髪を乾かす為のドライヤーの場合には冷風を当てます。暖かい風だと内部が高温になり基盤を痛めてしまう可能性があるからです。

© Copyright Decided Repair iPhone. All Rights Reserved.