落としてしまったiPhoneを正規店で修理

正規店と非正規店の違い

うっかりiPhoneを落としてガラスにヒビが入ってしまったり割れてしまったりした経験を持つ方も多いのではないでしょうか。すぐに修理をしたいと思ってもiPhoneの修理は正規店と非正規店があり、どちらに持ち込むか迷ってしまいがちです。
街中で見かける事が多い非正規店は、正規店に比べると待ち時間が少なく、データを保護してくれるなどのメリットがあります。しかし、使用されるパーツなどは純正品でないこともあり、修理のクオリティーも店によってバラツキがあります。
一方、正規店はメーカー公認のもとメーカーと同等の技術をもって修理をしています。iPhoneのユーザーと比較すれば正規店の数は少ないともいわれますが、大手の家電量販店などが正規店となっているほか地方都市にもあり、メーカーのコールセンターに問い合わせてみると最寄りの正規店を教えてもらうことができます。

正規店で修理するメリット

iPhoneは非正規店で修理したものはメーカーの保証から外れてしまうことがあります。たとえば、ガラスが割れてしまいガラスくらいならと非正規店で修理したものを、その後にバッテリーの不具合があるからと正規店に持ち込んでも修理をしてもらえない可能性があるということです。また、リコールが発生した場合には正規店であれば対応が可能です。iPhoneの修理に使われるパーツは、メーカーから正式に供給された部品なので、修理しても新品と同じような品質を保つことが期待できます。 ただし、iPhoneの正規店での修理は、初期化することが前提となっています。データを保護するためにも、こまめにバックアップをとっておくことをおすすめします。

青森に住んでいる人なら、iphone修理を青森で依頼することでスムーズに修理が完了します。地元業者であればとても対応が良いです。

© Copyright Decided Repair iPhone. All Rights Reserved.